女性

妊娠中は貧血に注意しよう|サプリメントで栄養摂取

排泄トラブルを防ぐため

ウエスト

悪玉菌の増殖を防止

腸内には、色とりどりの花々が咲いている花畑のように、多くの種類の細菌が住み着いています。そのため腸内環境は、しばしば腸内フローラという言葉で表現されています。腸内フローラは、悪玉菌が増えることで状態が悪くなっていきます。そしてそれにより腸はしっかりと働くことができなくなり、便秘や下痢といった、排泄トラブルを起こしやすくなります。悪玉菌は、脂質やたんぱく質の多い肉類や、塩分や添加物を含む加工食品などを食べることで、増えやすくなります。しかし乳酸菌のサプリメントを飲むと、この悪玉菌の増殖が防がれやすくなります。つまり、腸内フローラを良い状態で保ちやすくなるということです。これにより便秘や下痢も予防できるようになるので、乳酸菌のサプリメントには高い需要があります。

善玉菌を増やすことも大事

ただし悪玉菌の増殖を防ぐだけでは、腸内フローラが良い状態にならないことがあります。なぜなら、理想的な腸内フローラには、善玉菌も必要となるからです。花畑では、花をより美しくスムーズに咲かせるために、種類やバランスを考えて種や苗が植えられています。そして腸内フローラでも、悪玉菌と善玉菌とのバランスが重要とされています。具体的には、悪玉菌の量が1だとすると、それに対して善玉菌が2となることで、腸内フローラは初めて良い状態となるのです。したがって排泄トラブルの防止には、悪玉菌の増殖を防ぎつつ、善玉菌を増やすことが大事と言えます。乳酸菌のサプリメントを飲むことでも、善玉菌はある程度増えていきます。そしてそこにオリゴ糖の摂取も加えると、善玉菌をより多くすることが可能となります。