レディー

妊娠中は貧血に注意しよう|サプリメントで栄養摂取

身の回りにいるバクテリア

夫婦

枯草菌は人間に対して病原性が無いことから、多くの発酵食品に使われるだけではなく免疫力を上げてくれる効果などがあります。枯草菌は熱や酸に強いという特徴を持っていることから、より確実に腸内まで届けることが可能で腸内環境を改善するのにとても有効だとして人気があります。

もっと見る

排泄トラブルを防ぐため

ウエスト

悪玉菌が増えると、腸内フローラの状態が悪くなり、便秘や下痢といった排泄トラブルが起こりやすくなります。そのため多くの人が、悪玉菌の増殖を防ぐ乳酸菌のサプリメントを飲んでいます。しかし腸内フローラの状態を良くするためには、善玉菌を増やすことも大事です。善玉菌は、オリゴ糖を摂取すると増えやすくなります。

もっと見る

スーパーフードがある

女性

スピルリナを摂ると体を弱アルカリ性にできるので、自然治癒力も大幅に向上させられます。またアレルギー対策としても使える優れた商品なのです。螺旋状の特殊形状をしている藻でかなり古くから地球上に存在している生物になります。

もっと見る

妊婦の栄養補給に

栄養補助食品

胎児や母体に必要な葉酸

妊婦や授乳中のママに人気があるのが、妊婦向けのサプリメントです。特に、不足すると胎児や母体に影響が出るといわれる葉酸という成分が配合されたサプリメントが数多く販売され、人気となっています。葉酸は、細胞の生成や再生を促す成分なので、妊娠初期段階に不足しないように摂取することで、胎児の先天性異常のリスクを回避できるといわれています。また、妊娠中は悪性貧血の予防に、産後も赤ちゃんに必要な良質な母乳を作るといわれています。サプリメントが人気の理由は、食事では補いきれない不足しがちな成分を、手軽に補うことができるからです。葉酸の場合、一般成人のおよそ1.5倍の推奨摂取量となっており、水や油に弱い葉酸を十分な量摂取するのは難しいといえます。サプリメントはそれを補ってくれるアイテムなのです。

葉酸以外の成分も豊富

また、妊婦向けのサプリメントには、葉酸以外にも鉄やカルシウム、ビタミンなど意識して摂取したい成分が多く配合されています。そして、それぞれの成分が体に吸収されやすいような組み合わせや仕組みになっていることが特徴です。例えば鉄は、血液中のヘモグロビン生成には必須な成分で、妊婦になりやすい鉄欠乏性貧血の予防になります。鉄欠乏性貧血は動悸やめまいなど母体への影響もありますし、胎児にも十分な酸素がいきわたらなくなることがあります。また、鉄はビタミンCと一緒に摂取することで吸収をよりよくします。サプリメントはそのような組み合わせも考慮して、成分が配合されています。また、カルシウムは胎児や母体の骨や歯をつくるのに必要です。胎児に送るカルシウムが不足すると、母親の骨からカルシウムが溶けだして補うことがあります。妊婦向けのサプリメントは、胎児や母体に必要な栄養素を補い、貧血や骨密度低下などの症状を予防する手助けをしてくれます。普段の食事に加えて、補助的に利用することがおすすめです。